勤務時間が短く人間関係が苦手な人向け

警備員

職場では上下関係などあまり人間関係に悩まされたくない人には、芸備員のアルバイトがおすすめです。特に、交通警備の場合、工事の時間によって勤務時間が左右されます。しかしながら、このことは工事の時間以上に勤務時間が長引くことは考えられないため、残業などがないのが特徴です。工事が早く終われば、交通警備の仕事も早く切り上げることができるため、拘束時間は短縮されることになります。同様に、イベントの警備員のバイトも同様に、イベントが終わればすぐに解放される仕組みとなっています。そのため、警備員のバイトというのは勤務時間が短くて、なおかつ面倒な人間関係に悩まされることもなくその場限りの仕事として割り切って働けます。

日給制なので勤務時間が短縮されることも

巡回

殆どの警備員のアルバイトというのは、日給制となっています。一日の給与が決まっていてその時間内で仕事をすることになります。基本的に残業のない職種であるため、場合によっては予定時間よりも仕事が早く終わるということはよくあることなのです。また、警備員という仕事の特性上、警備の隙きを作ることができません。そのため、交代制でこまめに休憩を取ることになるため、休憩がとても多いのです。実際に働いてみると、休憩の多さに驚くことがあります。

場所によって仕事内容が異なる

警備員

警備員のアルバイトは3種類に分類できます。交通誘導、雑踏警備、それに施設の警備に分類されているのです。そのため、場所によって仕事内容が大きく異なってきます。交通誘導は、主に工事現場での仕事になり、車の誘導をすることが求められるので多少神経を使います。同様に、施設警備は、ショッピングモールや遊園地などでの車の駐車場への誘導が基本的な仕事です。他方、雑踏警備では、イベント会場などで人の誘導を行う仕事なので、一番人気があります。

資格がなくても誰でも働ける

警備員

警備員のアルバイトは、特別な資格がなくても誰でも働くことができる仕事です。ただし、車の誘導などを行う必要があることから、アルバイトであっても30時間の研修が義務付けられています。研修は数日に渡って参加しなければならないので、その点だけは理解しておく必要があります。研修を終えれば、あとは自由に警備員として働くことができます。イベント会場などの雑踏誘導などは単発での仕事になり、休憩も多くて拘束時間も長くないので、大学生などにも人気があります。工事現場での交通警備に関しては、工事によって働く時間が限られているため、他のアルバイトと掛け持ちで仕事をすることも可能です。

広告募集中