HOME>オススメ情報>実際は普通自動車免許さえ持っていれば応募できる

応募している頻度が多いので応募とてみる

ドライバー

タクシー乗務員は、一般的には普通自動車二種免許が無ければつける仕事ではありません。しかし、実際はそうとは限りません。昨今のドライバー不足もあり、タクシー会社では二種免許取得費用を一時的に肩代わりして取らせています。求人票には、そのような旨が書かれている事が多く、普通自動車免許を持っていれば応募することが出来ます。タクシー会社へ就職を考えていて面接を受けるときに必要なものがあります。まず、履歴書と職務経歴書は必要不可欠です。次に、運転経歴証明書が必要となることがあります。これは運転免許センターで申請すれば発行されます。この運転経歴証明書は、過去五年の無事故無違反を証明するものですのですので、無事故無違反の場合は自分の経歴をアピールできる材料になります身元保証人を表す書類を出す必要があります。特に二種免許を肩代わりして取得する場合は、提出しなければならないものです。

もらえる給料の相場

タクシードライバー

タクシー乗務員は、乗務開始三か月間は養成期間ですので、いくら稼げなくても最低支給額は給料として振り込まれます。都内の場合は相場として三十万円です。この養成期間が終われば基本給に歩合が加算された金額が給料として振り込まれます。歩合は会社によってまちまちですが、都内であれば稼げる人の月給の相場は月四十万円以上が給料として振り込まれます。地方都市であれば、都内と比べると給料が格段と下がってしまいますので、タクシー乗務員で稼ぎたいと考えている人は都内のタクシー会社に勤務したがります。そのため、都内の大手タクシー会社は寮を完備して地方から上京してくるタクシー乗務員の受け入れ態勢を整えています。そのため、このような福利厚生が整っているタクシー会社には人が集まります。

広告募集中